不妊治療コラム⑥ 不妊症とストレスの関係 | 東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

鍼灸 青龍堂

東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

女性専用・完全予約制

アクセスはこちら

不妊治療コラム

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

今日は前回お話した「ストレス」についてもう少しお話を深めてみます。

<ストレス対策>

ストレスと不妊は直接には関係がないように思われがちです。

しかし、東洋医学的では深い結びつきがあると考えられています。

仕事が忙しすぎたり、なかなか赤ちゃんができないと落ち込んだりして感じた

ストレスは肝(肝臓)にダメージを与えます。

肝には体のエネルギーである「気」を全身に巡らせる役割があります。

つまり、ストレスを受けると「気」が滞り、ホルモンのバランスが崩れます。

その結果、排卵や生理のサイクルが乱れ、妊娠力が低下してしまうのです。

このことは妊娠に限らず「病は気から」と云われている由縁です。

また、不安や焦りで心身が緊張すると、交感神経が働いて血管が収縮し血流が

悪くなり筋肉もこわばります。

筋肉がコチコチに固くなるということは血流が悪く冷えやすく妊娠しにくい

ものなのです。

先ず、自分は何にストレスを感じるかを考えて心身をリラックスさせてあげる

ことからスタートしましょう。

「すべてが自分の思い通りになる」という考え方はストレスを生む大きな原因

の一つになります。

不妊治療に携わっていると、真面目に治療し生活習慣にも気を配りご夫婦で

努力されているカップルはたくさんいらっしゃいます。

しかしながら必ずしも赤ちゃんを授かるとは限りません。

また年齢的なタイムリミットを考えて焦りや不安を膨らませてしまいストレスを

抱え込んでしまうケースも多々あります。

「努力すれば妊娠できるはず!」という思いと思い通りにならない現実に苛立って

しまうこともあるでしょう。

ここは一つ発想の転換ですが、「赤ちゃんは欲しい。だけど、努力して治療もした

結果、もし授からなくても自分の人生は大切に楽しもう!」と心の片隅に方向転換

できるスペースほんの少し作ってあげて下さい。

小さなことのようですが、とても大事なことです。

肩の力を抜いてリラックスすると副交感神経が優位になります。

筋肉も緩み、血管も広がり血流が改善され、妊娠に必要なホルモンの分泌も盛んに

なります。

ご自分でできる最大の不妊治療は「リラックス」です。