不妊治療コラム① 東洋医学的な妊娠力とからだ年齢 | 東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

鍼灸 青龍堂

東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

女性専用・完全予約制

アクセスはこちら

不妊治療コラム

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

<妊娠力とからだ年齢> 

東洋医学では「7の倍数で女性の体は変化する」と云われています。

同様に「妊娠力」も7の倍数で変わると考えます。

14歳前後で初潮が始まり、28歳頃に妊娠力(生殖能力)がピークに。

その後35歳から老化が始まり、42歳で老化が加速し、49歳前後に

閉経を迎えます。

これが女性の体に備わった自然のリズムと考えます。

しかしながら、女性の社会進出や晩婚化、初産年齢の高齢化といった状況を

考えると妊娠力がピークを迎える時期に妊娠・出産をするのは難しいことかも

しれません。

とはいえ、将来的に妊娠を望むのであれば「妊娠力は年齢と共に穏やかに

衰えていきタイムリミットがある」ということを認識しておく必要があります。

ここで「あれっ?」と思われるのは個人差という問題ですよね。

「その人が妊娠できるか?」を考えた時、7の倍数で変わる体年齢と実際の

年齢との間に差があることが多く、実際の年齢より体年齢が若ければ妊娠に

関する問題は軽減され良いのですが、20代なのにホルモンのバランスが乱れ

体年齢は40歳前後などというケースも少なくありません。

不妊症の検査で調べられた方も多いと思いますが、卵巣の年齢を測るAMH

(アンチ・ミュラー管・ホルモン)なども生殖機能の指針とされています。

余談ですが、私の知人で2回目の体外受精(凍結胚)で妊娠し無事出産された方

がいらっしゃいます。

彼女の出産時の年齢は51歳でした。

勿論、自身の卵子とご主人の精子を受精させての移植で健康で元気な男の子を

出産されました。

実年齢と東洋医学でいわれる体年齢とは違うという現実的な一例です。

妊娠力は本来年齢とともに緩やかに低下していくというのは自然の摂理では

ありますが、東洋医学(鍼灸や漢方薬など)を食事・運動・習慣などの生活に

取り入れて、その低下していくスピードを緩やかにすることは十分可能です。

不妊治療に取り組んでおられる女性なら先ず「妊娠力を高めること」に心を

奪われがちですが、根本である体年齢を若く保つ努力が妊娠力を高めることに

繋がっていき、健やかで美しい女性でいるためのポイントにもなります。

今のご自身の状態を知り、生活を見直すことから始めましょう。