院長ブログ | 東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

鍼灸 青龍堂

東京都葛飾区の女性専門不妊鍼灸院・更年期障害 青龍堂

女性専用・完全予約制

アクセスはこちら

院長ブログ

海の日

28805580 s

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

今日は海の日ですね。

昨夜は北からの風が冷たく、久しぶりにエアコンなしで過ごせました。

今日も気温はさほど高くないのですが、湿度が高いのでムシムシします。

先日、やっと左膝の固定装具がとれました。

術後四か月近くになり、痛みも日に日に楽になってきているように思います。

今年の夏休みは自宅でゆっくり過ごそうと思っています。

涼しくなる頃にはきっとウォーキングができるようになっているかと思うので、

秋には旅行に行ければいいなあと今から楽しみにしています。

夏休みには毎年のように山や川や海での事故が起こります。

異常気象もあって思わぬ場所で災害が多発しています。

レジャーにお出かけになる際は、生き帰りの道中でも事故に巻き込まれないようにご注意ください。

今月末は花火大会が開催されます! 皆様も素敵な夏休みをお迎えください。

東京はお盆に入ります

30288973 s

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

東京では7月13日(土)から16日(火)までがお盆となります。

13日のお盆の入りにお墓参りをして、提灯を灯しながら仏様をお迎えに行きます。

お墓に行けない場合は、おがらを燃やして迎え火を焚いてお迎えします。

ご仏壇に亡くなった方の好物だったものやお菓子、果物などをお供えします。

16日にはまたおがらを燃やして送り火を焚いて仏様をお送りします。

キュウリやナスは馬に見立てて仏様の乗り物となり、ホオズキは道に迷わないよう灯りになります。

幼い頃は夏の単なる行事としか感じていませんでしたが、今はお迎えする仏様も身近な家族だった人に

なりました。

この季節にいつも思い出す映画があります。

「異人たちの夏」古く懐かしい映画ですが、亡くなってしまった家族と束の間だけ過ごすことができる

素敵なお話です。ちょっと怪談めいたところもあり夏にはぴったりの映画かと思います。

ご興味のある方は是非ご覧になってください。

鍼灸 青龍堂 十周年記念日

29998612 s

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

7月7日で青龍堂は丸十年を迎えました。

振り返れば長かったような短かったような…何はともあれ感慨無量です。

開業初日は土砂降りの雨でした。

私の他に鍼灸師さん二人、看護師さん一人の四人体制でのスタートでした。

宣伝の仕方も分からず、リサーチもせず、何と無謀な船出であったことか、思い返すと恥ずかしい限りです。

担当の税理士さんが様子を見にきて下さり、クッキーを差し入れて頂きました。

土砂降りの雨を眺めながら四人で食べたクッキーの味。。。

あの日が青龍堂の原点であったように思います。

経営に関しては素人で、膨らんだ夢だけで頭がいっぱいの計画性のない自分が、壁にぶち当たりどん底に

落ちるまであまり時間はかかりませんでした。

一年も経たないうちにスタッフはいなくなり私一人で仕切り直すことになった時、救世主が現れたのです。

私の中では「スーパー受付さん」と呼んでいました。

20歳下の彼女は私を施術だけに専念させてくれて他の仕事をすべて引き受けてくれました。

それから3年、青龍堂は怒涛の快進撃を突き進みます。

睡眠時間も3~4時間くらい、過労で倒れたこともありました。人生で一番働いた時期だったと思います。

でも宴はいつか終わるもの…彼女と私に天中殺が訪れ縁が切れスーパー受付さんともお別れが来たのです。

彼女の残してくれた功績は大きく、今の青龍堂があるのも決して私ひとりの力ではありません。

十年の節目に、青龍堂に関わって下さった方々に感謝の気持ちを捧げたいと思います。

そして気持ちを新たに次の時代を切り開いていけるよう頑張ります。

 

旧優生保護法は憲法違反と最高裁判決

29070287 s

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

旧優生保護法が違憲であると最高裁で判決がおりました。

岸田首相も現職総理大臣とし謝罪をしました。歴史的にも大きな判決であったと思います。

皆さんは1996年に廃止された「らい予防法」をご存知でしょうか?

らい病(ハンセン病)は病気の進行とともに手足や顔が変形してしまうことや治療薬がなかったことで

忌み嫌われ謂れのない差別を受けていた時代がありました。

罹患すると住み慣れた集落から追い出され、後に各地を放浪する患者を強制的に隔離施設に収容したのです。

私はこの病気を中学生の時に観た映画「砂の器」で初めて知りました。

遺伝病と思われていたらい病患者は隔離施設の中で結婚する際に強制的に不妊手術を受けさせられたのです。

その上、患者は一生隔離施設から出ることが出来ませんでした。

ハンセン病は遺伝病でも不治の病でもなかったのに、そのことが判った後も法律は長い間改定されませんでした。

法律は人が作り出したもの・・・どんな人の根底にも優劣を決めてしまう見えない尺度が存在するのでしょう。

松本清張さんの「砂の器」は数回リメイクされていますが、1974年公開のものが最も素晴らしいと思います。

興味がありましたらこの機会に是非とも視聴なさってみてください。 

今年の梅雨は暑いです!

2541636 s

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

今年の梅雨入りは6月21日頃とかなり遅めでした。

梅雨に入りその前からの暑さも加わり、かなり蒸し暑い不快な毎日が続いています。

患者様の中でも体調を崩されている方が多くいらっしゃいます。

夜も寝苦しくエアコンを使っている方も多いのではないでしょうか。

私は冷房に弱く頭痛がひどくなってしまうので、耐えられるうちはできるだけエアコンに頼らずに

就寝するようにしています。

ベットシーツと掛け布団はひんやり感のある素材のものに換えました。

窓を全開にして扇風機をまわしています。

何よりの味方はアイスノンです。

長時間冷却のものとソフトタイプのものを用意して、長時間のものは枕の上にソフトタイプのものは

おでこや首に当てて寝ますと寝苦しさがかなり軽減します。

ドラックストアなどで手軽に購入できますので是非一度試してみてください。

酷暑は始まったばかりなので様々な工夫を凝らして乗り越えましょう。 

 

春が来ましたね

2024sakura

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

桜が満開になりました。

コロナ禍の三年間を乗り越えて、皆さんがお花見を楽しんでいる様子に気持ちも前向きになります。

あいにく、私の病室の窓からは桜は見えません。

3月22日にかねてから治療中だった変形性膝関節症の手術を受けました。

「人工膝関節置換術」という膝関節をチタンに交換する手術です。

手術直後は腫れてピクリとも動かない左足にとても不安な気持ちになりましたが、翌日から始まった

リハビリで車椅子→歩行機→自立歩行まで回復致しました。

いよいよ来週には退院できることになりました。

ゴールデンウイーク明けより仕事に復帰いたします。

この度の入院では多くの患者様にご迷惑をおかけしてしまいました。

にもかかわらず、励ましやご心配のメールを頂き頑張ることができました。

五月からは初心にかえったつもりで施術に向き合いたいと思っております。

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。 

 

寒波到来

yuki2024

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

 

暖冬といわれていましたが、最強寒波が到来し日本海側では大雪になりました。

関東でも朝晩はかなり冷え込みます。

患者様の中にも風邪をひかれてキャンセルという方が増えています。

空気の乾燥が関係しているようですね。

こまめに水分補給をして体の中からの乾燥にも気をつけたいものです。

寒いとついつい水分摂取を怠りがちですが、温かい飲み物で体を温めながら

水分補給を心がけましょう!

2月の節分を境に本当の意味で卯年から辰年に切りかわります。

今年は気候変動や災害など厳しい年になるかもしれません。

我が家では年末に大型蓄電池を導入し、自家発電→自家消費にしました。

できることからコツコツと!ですね。

明けましておめでとうございます。

tatu

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

新年あけましておめでとうございます。

今年の甲辰の年は60年に一度巡ってきます。
「発展の年」ともいわれ、60年前の甲辰の年には
東京オリンピックが開催されました。
「辰巳天井」という言葉もあるように経済が発展する
とも言われています。
三年に及ぶコロナ禍での様々な制限が解除されて
日本も少しずつ活気を取り戻しつつありますね。

しかしながら世界の戦争や紛争は長引きそうな予感です。
ロシアのプーチン大統領は運勢の良くない時代に入りました。
ウクライナに有利な状況となるでしょうが、一日も早くこの
戦争が終結することを願っております。

今年は皆さまにとって素晴らしい一年になりますように。

 

ご出産おめでとうございます!

東京都葛飾区の不妊鍼灸院、青龍堂です。

お盆も明けた残暑の日。
患者様がご主人様と赤ちゃんと一緒に来てくださいました。
とっても元気な男の子です。
スタッフに抱かれてもニコニコしています。小さな手足が
とっても可愛くて柔らかくて皆で触ってしまいました。

どうぞ元気にすくすく育ちますように!

 

20180818

 

赤ちゃんとお母さん

東京都葛飾区の不妊鍼灸院 青龍堂です。

先日、‪以前ご来院頂いていた患者様がお二人、赤ちゃんの顔を見せに来て下さいました。                                           忙しい毎日の中で心和むひと時でした。

人の生命の誕生というものは本当に神秘的なことですね。お母さんって本当にすごいです。

今は高度生殖医療によってたくさんのご夫婦がお子様を授かれるようになりました。                                               逆に高度生殖医療があるがゆえにたくさんのご夫婦が治療に翻弄されているのも事実です。

赤ちゃんを授かった女性と残念にも授かることが出来なかった女性には何の違いかあるのでしょうか。                     子供を産むことを望む女性と産まない選択をした女性にはどんな違いがあるのでしょうか。

お母さんに抱かれてすやすや眠る赤ちゃんを見つめながら「幸せにに育ってほしい」と願うばかりです。

 

20170701

1 / 6 ページ